Diary of Takashi Otsuka Architect Office



前のエントリー 次のエントリー

目神山の家5 − 屋根
中間検査が終わると、建物内外の工事が同時進行で一気に次の段階へ入ります。

この日は屋根工事です。ここでは耐候性の高いガルバリウム鋼板を採用しています。

本体の屋根は突起の出ない平葺きという葺き方です。このような横長の板をかみ合わせながら下から上へと葺きあげて行きます。下に見える緑色のシートはアスファルトルーフィングという防水シートで、鋼板とシートで二重に止水を図る構造です。


木造建物に金属板葺きなので、雨音対策として防音効果のある接着剤を使用します。その名も「オトナシエース」。建材にはなぜかこういうネーミングが多いです・・・


1日でここまで葺き上がりました。
Takashi Otsuka: 目神山の家 | comments(0) | trackbacks(0) |

コメント


コメントを投稿する












この記事のトラックバックURL

http://otsukarchi.blog.bai.ne.jp/trackback/190793
トラックバック


 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>






LANDSCAPE OF ARCHITECTURES 2005BOX [DVD]
LANDSCAPE OF ARCHITECTURES 2005BOX [DVD]

近・現代建築の貴重な映像集。

マイ・アーキテクト ルイス・カーンを探して [DVD]
マイ・アーキテクト ルイス・カーンを探して [DVD]

われわれ世代にとっては教科書の中の人であるカーンが生き生きとよみがえる。

スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー デラックス版 [DVD]
スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー デラックス版 [DVD]

唯一無二のフォルムの生まれる瞬間。必見。

Room by Room Designsource
Room by Room Designsource

さっそく調達したリノベネタ本。
洋書にしては安いです。

建築デザイン発想法―21のアイデアツール
建築デザイン発想法―21のアイデアツール

平尾氏には学部生時代設計演習でお世話になりました。今はこういうことされてるんですね。

美術手帖6月号増刊 瀬戸内国際芸術祭2010公式ガイドブック
美術手帖6月号増刊 瀬戸内国際芸術祭2010公式ガイドブック

瀬戸内国際芸術祭めぐりには必携。バスの中の人もみんな持ってました。