Diary of Takashi Otsuka Architect Office



前のエントリー 次のエントリー

目神山の家4 − 中間検査

「軸組」と呼ばれる柱・梁・耐力壁などの建物の骨組みができてきました。

木造住宅では阪神大震災を機に、それまではっきりとは決められていなかった柱や梁を固める金物の仕様が明確に定められました。その基準に従い、場所や耐力壁の強度に応じた必要な金物により柱梁を補強していきます。


右側の柱についているのは柱の引き抜きを防ぐホールダウン金物と呼ばれるものです。左側には梁を柱に留める羽子板ボルトが上下2段に入っているのが見えます。

こういった金物を設置し終わると、検査機関による中間検査を受けることが義務付けられています(自治体によっては不要な所もあります)。中間検査に通らなければ次の工程に移ることはできません。

確認申請の提出先の検査機関から来られた担当者が耐力壁などをチェックしていきます。

特に問題はなく、無事合格となりました。

中間検査が終わると内部壁下地や造作等、大工工事も佳境に入っていきます。
Takashi Otsuka: 目神山の家 | comments(0) | trackbacks(0) |

コメント


コメントを投稿する












この記事のトラックバックURL

http://otsukarchi.blog.bai.ne.jp/trackback/190062
トラックバック


     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>






LANDSCAPE OF ARCHITECTURES 2005BOX [DVD]
LANDSCAPE OF ARCHITECTURES 2005BOX [DVD]

近・現代建築の貴重な映像集。

マイ・アーキテクト ルイス・カーンを探して [DVD]
マイ・アーキテクト ルイス・カーンを探して [DVD]

われわれ世代にとっては教科書の中の人であるカーンが生き生きとよみがえる。

スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー デラックス版 [DVD]
スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー デラックス版 [DVD]

唯一無二のフォルムの生まれる瞬間。必見。

Room by Room Designsource
Room by Room Designsource

さっそく調達したリノベネタ本。
洋書にしては安いです。

建築デザイン発想法―21のアイデアツール
建築デザイン発想法―21のアイデアツール

平尾氏には学部生時代設計演習でお世話になりました。今はこういうことされてるんですね。

美術手帖6月号増刊 瀬戸内国際芸術祭2010公式ガイドブック
美術手帖6月号増刊 瀬戸内国際芸術祭2010公式ガイドブック

瀬戸内国際芸術祭めぐりには必携。バスの中の人もみんな持ってました。