Diary of Takashi Otsuka Architect Office



前のエントリー 次のエントリー

目神山の家2 −基礎工事
斜面地のために基礎工事が長期間続いています。

この日は2回目の配筋検査です。コンクリートを打つ前に、鉄筋や型枠が正しく施工されているかを確認します。
鉄筋継手部分
設計通り鉄筋が入っていることはもちろんですが、設計通りの強度や耐久性を持たせるためには鉄筋を継ぐ部分の重ね長さ(「定着長さ」)、型枠と鉄筋との空き寸法(「かぶり厚さ」)も大事なので重点的にチェックします。

かぶり厚さの確保
スペーサーという資材(写真中のグレーや白のもの)を鉄筋にかませることで、コンクリートを打つ際に鉄筋が押されてかぶり厚さが不足するのを防ぎます。

検査では大きな問題はなく、数ヶ所指示した上で次の工程に進めていただきました。
Takashi Otsuka: 目神山の家 | comments(0) | trackbacks(0) |

コメント


コメントを投稿する












この記事のトラックバックURL

http://otsukarchi.blog.bai.ne.jp/trackback/188847
トラックバック


     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>






LANDSCAPE OF ARCHITECTURES 2005BOX [DVD]
LANDSCAPE OF ARCHITECTURES 2005BOX [DVD]

近・現代建築の貴重な映像集。

マイ・アーキテクト ルイス・カーンを探して [DVD]
マイ・アーキテクト ルイス・カーンを探して [DVD]

われわれ世代にとっては教科書の中の人であるカーンが生き生きとよみがえる。

スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー デラックス版 [DVD]
スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー デラックス版 [DVD]

唯一無二のフォルムの生まれる瞬間。必見。

Room by Room Designsource
Room by Room Designsource

さっそく調達したリノベネタ本。
洋書にしては安いです。

建築デザイン発想法―21のアイデアツール
建築デザイン発想法―21のアイデアツール

平尾氏には学部生時代設計演習でお世話になりました。今はこういうことされてるんですね。

美術手帖6月号増刊 瀬戸内国際芸術祭2010公式ガイドブック
美術手帖6月号増刊 瀬戸内国際芸術祭2010公式ガイドブック

瀬戸内国際芸術祭めぐりには必携。バスの中の人もみんな持ってました。